“Strike a Pose” の第一章のタイトルは、ソウルミュージックの大御所オーティス・レディングの1967年の大ヒット曲 “Tramp” (トランプ) に因んで付けられている。この言葉は、「あばずれ」という意味で使われることが多いが、レディングの曲の中では、都会的に洗練されていない奴という意味合いで使われている

この章では、都市というコンテクストから離れ、建物を取り巻く自然環境からインスピレーションを得た自由奔放なデザインの建築に焦点をあてているが、都会の喧噪から離れた環境に建てられたものに都会的な洗練されたものを感じる反面、逆に都市の中に建てられたものが「反都市的」な表情を見せているのが興味深い。

第一章に登場する建築の中で、日本の建築事務所によるものは以下の通りだ。(登場順)

Forest House
手塚建築研究所 (手塚貴晴+手塚由比)
Tezuka Architects

Atelier for a Calligrapher
河内建築設計事務所
Kochi

Danicing Trees, Singing Birds
N A P 建築設計事務所
Hiroshi Nakamura & NAP Architects

C-2
キュリオシティ
Curiosity Inc.

Ne Apartment
中永勇司/ナカエ・アーキテクツ
Yuji Nakae
髙木昭良/髙木昭良建築設計事務所
Akiyoshi Takagi
大野博史/オーノJAPAN
Hirofumi Ohno

Clover House
宮本佳明建築設計事務所
Katsuhiro Miyamoto & Associates

more
はい、ポーズ!:STRIKE A POSE(2)
お薦めの一冊:STRIKE A POSE(1)
ゲシュタルテン(出版元)