調香師/パフューマー

イラストレーターMassimo Alfaioli氏とのインタヴュー

Massimo Alfaioli

        © Massimo Alfaioli

The Curator-at-Large of LA-based The Institute for Art and Olfaction (IAO) and the Co-Founder of The Honolulu Biennial Foundation (HBF), Dr. Kóan Jeff Baysa interviews Italian artist Massimo Alfaioli about his work in illustration and a new project for A Lab on Fire.
Read the interview @ WWD.IS »

ミラノ郊外で児童書のイラストレーターとして長年活躍してきたマッシモ・アルファイオリ(Massimo Alfaioli)氏が、子ども達に親しまれてきた数々の作品とはかなり趣の異なっている最近の作品群や、趣味である園芸と香水について語ってくれた。
インタヴュアーを務めてくれたのは、ホノルル・ビエンナーレの共同創立者であり医学博士でもあるコーアン・ジェフ・ベイサ(Kóan Jeff Baysa)氏。ベイサ氏は、ロサンゼルスにあるインスティチュート・オブ・アート アンド オルファクション(The Institute for Art and Olfaction)の主任キューレーターを務める嗅覚芸術の権威でもある。
現代アートの創作現場では、騒音としか思えない大音量の音楽の中でアーティストが作品の制作に没頭する様にしばしば出会うが、アルファイオリ氏のスタジオではその日の制作に合った音楽と香水が気分を高めることに不可欠であると語っていることが興味深い。
五感が一体になったアートというものが、少しづつ増えてきている今日この頃。視覚美術が専門とは云え、嗅覚が制作環境作りに大きな役割を持っているというのは嬉しいことだ。
インタヴューを読む »

Natura Fabularis collection by L’Artisan Parfumeur

Off
by
Natura Fabularis collection by L'Artisan Parfumeur

Natura Fabularis collection by L'Artisan Parfumeur

Natura Fabularis collection by L'Artisan Parfumeur

Natura Fabularis collection by L'Artisan Parfumeur

via designboom.com

Natura Fabularis collection by L’Artisan Parfumeur Explores an Idyllic Fantasy Garden

Instead of emulating the scents of plants as they appear in nature, L’Artisan Parfumeur has unveiled ‘Natura Fabularis’ – a collection of six different fragrances, which each invent a unique fantasy. Perfumer Daphné Bugey was invited to create six olfactory dreams, which would inject an unexpected twist to the heart of each formula.
Read the rest of this article @ designboom »

Meet Olivier Polge, Chanel’s New Fragrance Creator

Off
Olivier Polge for CHANEL

via nytimes.com | photo © Danny Ghitis

The world of fragrance can be Old World and clubby, so it didn’t appear much of a stretch when Chanel appointed Olivier Polge, right, to succeed his father, Jacques Polge, the house’s fragrance creator since 1978 and the man behind hits like Coco Mademoiselle, Chance and Allure.
Read the rest of this article @ The New York Times »

alabonfire.comSitemap – A Lab on FireDOMINIQUE ROPION

オリヴィエ・ポルジュ : シャネル新専属調香師

OLIVIER POLGE

via International Flavors & Fragrances | Photo © Hajime Watanabe
olfactory artolfactory artolfactory artolfactory art
 
数年前、オリヴィエ・ポルジュがいずれ父の後を継いでシャネルの専属調香師になる可能性を仄めかしたが(記事参照)、その時はそうなったとしても10年先のことだろうと思っていた。先日7月5日にシャネルは、オリヴィエ・ポルジュを次期専属調香師として迎えることを発表した。話し合いから発表までに要した時間が3週間という驚くべき早さに、シャネルの機密保持への周到な配慮を伺うことができる。若干38歳にしてシャネルの看板を背負うに充分な力量と才能を持った調香師であることは疑いもないが、まだ5年ぐらいはIFFにいるだろうと思っていたから思わぬ早さの就任である。

シャネルがどのようなオリヴィエ・ポルジュの公式ポートレートを用意するのかが楽しみであるが、このオリヴィエ・ポルジュの写真は、フォトグラファーの渡邉肇氏(ホームページ)が7年前に撮影したものだ。写真が苦手なオリヴィエ・ポルジュが唯一気に入っているものであるらしい。以下は、この写真に関するオリヴィエ・ポルジュのコメントである。

I never like photographs of myself. They are often a bit too “cosmetic.” It feels like someone is trying to make me look like a movie star, and I am afraid I can’t live up to that. There’s nothing artificial about this one though, so that’s good. I look a bit serious, don’t I? I get tired of seeing people smiling all the time in photographs… If I had been able to choose, I would have stood further away from the camera, not right in front of it, with my hand in front so that I fade into the background…
olfactory artolfactory artolfactory artolfactory art

Liquidnight™ by Carlos Benaim

via International Flavors & Fragrances | Photo © Hajime Watanabe
olfactory artolfactory artolfactory artolfactory art

Rich raw materials transformed into a smooth and defined scent, Liquidnight created by perfumer Carlos Benaim explores the hidden depth of the night in New York City.

olfactory artolfactory artolfactory artolfactory art

Top notes: bergamot, lime, safran
Mid notes: sage, lavender, Hinoki wood
Dry downs: incense, vanilla, musk
Style: mystique, chic

S-Perfume Returns

Off
by

Photo © Masahiro Noguchi
 

S-Perfume Classic is a calm weekday at a Southern California beach, your feet in the sand, the fresh air whipping off the Pacific and that certain kind of laid back, easy going-ness that these beaches are famous for.
@ LuckyScent »

 

Frédéric Malle: Perfume Publisher

Off
by

 

via nowness.com | Photo © Geordie Wood
 

Scent Critic Chandler Burr on the Revolutionary Ideology of the Fragrance Pioneer

Photographer Geordie Wood captures celebrated perfumer Frédéric Malle evaluating ingredients in his lab at the International Fragrance and Flavors headquarters in New York. Ahead of their conversation on the art of perfume making, the olfactory critic Chandler Burr introduces Malle’s mastery of the craft.
Read the rest of this article @ NOWNESS »

 

11 Years

via Shaping Room | Photo by Hajime Watanabe
 
 
今日は、初代エスパフュームが誕生してから11年。(イメージをクリックすると11年前のサイトへ...)

Today marks the 11th anniversary since the first S-Perfume® was launched in 2000 (eleven in Japanese implies ‘samurai’ and is my favorite number). Forgive this rather personal post, but I wanted to share the first S-Perfume website with our readers. Click the image!

嗅覚は芸術になりうるか ー 否

一昨日、久しぶりにチャンドラー・バールからのメッセージが留守録に残っていた。
面倒なので放っておいたら、翌朝メールがふたつ。案の定、頼み事だ。

そんなことがあって、香水や調香師に関する投稿を随分としていなぁと思ったので、ちょっとだけ...

チャンドラー・バールといえば、ルカ・トゥリンを有名にした「匂いの帝王」を出版後、昨年までニューヨークタイムズの香水評論家として定期的に香水や業界に関する記事を書いてきた。
世界で初めての香水評論家になるという話が決まった時も、『実は話しておきたい事があるけど...』といって電話がかかってきたのを覚えている。
香水評論家なんて世の中は必要としていないよぉなんてことも言えないし、『いいじゃないの!』ぐらいの白々しいことしか言わなかったように記憶している。
評論家先生の仕事は数年続いたらいい方だろうと思っていたら、昨年末コロンバスサークルにあるアートとデザインの美術館に新設された世界で初めての嗅覚芸術センターのディレクターに就任した。上手な転身だ。

嗅覚が芸術として成り立つか? 答えは『否』。今度の新しい肩書きは、十年も持てば大成功と言えるだろう。そうは言いつつも、友達として一肌脱ごうじゃないかという気持ちではいる。